陽気的なワンジュ

開花。

先週、4月になるやいなやあったかくなり、1日で花という花が一気に咲きました。

b0294060_20462249.jpg


日曜日はあいにくの曇時々雨。
全州川沿いの桜は満開近く。

화심の桜道に行ってみました。

が、ワンジュの山手だけあり桜はまだ2,3分程度しか咲いてませんでした。
桜は咲かなくとも祭はする‼︎
桜道にずらーっと屋台。公演にはアジュンマたちがちらほら。

久しぶりに異国情緒を味わいちょっとウキウキしてしまいました。
b0294060_20462384.jpg



ハルモニにおぶってもらい、ザ☆韓国な公演を鑑賞する娘。
b0294060_20462343.jpg

b0294060_20462371.jpg



オンマにおぶってもらって桜道を通る娘を見て、私もよくおばあちゃんにおんぶしてもらったなぁ、桜祭り一緒に行ったなぁ、と85を過ぎた祖母のことを思い出しました。





[PR]



# by leebori | 2016-04-04 16:41 | 韓国ワンジュ暮らし

トルジャンチ付き合い

今週も親戚のトルジャンチ。
重なる時は重なる。
韓国に来て3年間でどれだけ結婚式&トルジャンチにいっただろう。
日本の30年間よりもこの3年間で親戚集合回数は遥かに上回っているはず(笑)
だいたい誰が誰か覚えたけど、まだ『どなた⁇』っていう人いるし。


同じ日にオッパの仲のいい友人の結婚式がソウルでありました。私も仲良くしてもらってるので、娘を連れてソウルまでお祝いしにいこうと、やった!ソウルに遊びに行ける!(笑)と思ってたら…

友人の結婚式は昼。
トルジャンチは夜。


全州からソウルまで3時間ちょっと。
赤子連れではハードすぎるのでソウル行きは断念。オッパだけが行くことに。


トルジャンチってそんなに重要なのか⁈
それは人によりけり。
結婚式もトルジャンチも『よんだ、よばれた』 の大人の計算があるようです。


トルジャンチに行くたびにオッパが
『俺らもせなあかんのかな〜〜』
とやりたくないオーラ満開で言います。
私も同じ気持ち。
お祝いするのはしたいけど、あそこまで賑やかにする必要あるの?って思う。

昔の伝統的なのが、どんなのか知らないけど、今のって司会者がやたらめったら囃し立てて、なぜか踊る
なぜに司会者がいきなりダンスを1歳児にプレゼントするのか…

トルチャビして家族で和やかにゆっくり食事したい…
司会者、うるさい(; ̄ェ ̄)

でも、最近はこういうパーティ形式しか見られないみたいで。
オンマが 『1人目なんだからやらなきゃ!』 と生まれる前から言ってるし。(そこには、行くだけ行って、やらないのは損という大人の事情もあるよう(-。-;)


親戚が集まれる良い機会でもあるし、1年間育った娘を盛大にお祝いしてあげたいけど、厳かに、何なら日本でなら神社とか参って家族団欒して、写真だけ撮りたい…と思うのは地味な日本人の考えだろうか(笑)


我が娘も訳も分からずダンスプレゼントを受けるんだろうか…と今からいらぬ心配をしてみたり( ̄▽ ̄)



あのダンスはいりません、と注文できるのかな(笑)


[PR]



# by leebori | 2016-04-04 09:23 | 韓国ワンジュ暮らし

꽃샘추위

꽃샘 花冷え。春になって花が咲くのを羨んで寒くなる。


春になったといえど、風が冷たい韓国。
毎年この時期になると聞く꽃샘。

分かっちゃいるけど、薄着して毎年この時期に風邪をひいてしまいます。

今度は娘が風邪をひいてしまいました。

長い長い冬が終わり、やっと外に出られる!
娘も6か月を過ぎしっかりしてきたので、外出着を着せてあげよう!
(私が着せたいだけ(-。-;)

で、

服装計画間違えた…007.gif


アッパの49日の疲れもそのままに薄着で外出をしてしまいました。

一時は本当に汗ばむくらい良いお天気だったのでウキウキし過ぎてしまいました。


鼻水、咳がしつこく残っています008.gif
私も鼻水と喉のイガイガ。
花粉や黄砂の影響もあるのかな?


まだまだ油断大敵です(-。-;





病み上がりに姪っ子の子どものトルジャンチに行きました。
娘にとっては半年年上の甥。みんな面白がって娘に『イモ〜(おばさん)』といい、私に『ハルモニ〜(おばあちゃん)』という…( ̄▽ ̄)
喋り出してもハルモニとは呼ばずまい{(-_-)}

b0294060_05393204.jpg



[PR]



# by leebori | 2016-03-28 20:57 | 子ども、育児

極端やな…


極端やな〜

と思うことがしばしばあります。


先日、オッパが職場の女性2人に
『なんで子どもをオリニチブに預けないの?』
と聞かれたらしい。
オリニチブとは日本でいう保育園。


『え、だってまだ(生後)6カ月やし。母乳終わってもないし。私、仕事してないし。 なんでそんなこと聞くの?』

オッパ
『うん、俺もそう思うねんけど。今は韓国のお母さんたちは3カ月とかから預けるんやって。仕事してない人も。』



韓国にオリニチブが多いのはそのせい?
日本に半分分けてあげられるくらい大なり小なりオリニチブがあります。


韓国はおばあちゃんが孫をみるケースも多い。小児科におばあちゃんが孫を連れてきてたり、乳母車で散歩してたりするのをよくみかけます。


家族総出の子育て。アジア諸国ではよく見られる光景のようです。タイで知り合った女性の数名は実家の母親に子どもを預けてバリバリ働いてた…
そんなことを思い出しました。


仕事しててオリニチブに預けるとか、時々実家や義父母に預けるってのは分かるけど、仕事してなくて毎日オリニチブに預けて何するの?勉強?就職活動?子育て以外の家のこと…
色々あるでしょうが、自分が人生最高に体を張って産んだ子の成長をじっくり見たいとか思わないんかなぁ⁇


オンマは産後3日目から普通に家事して農作業までしてた とよく話します。だから、膝やら腰やら関節を痛めたと。でも、そういう時代だったと。

で、今。
産んだら産後調理でじっくり休めるし、おばあちゃん(オンマ世代…また子育て。可哀相(-。-;)にも預けられるし、オリニチブにも預けられる。

極端やな…

こんなにも女性の生き方って変わるんですね。
日本も女性の生き方は変わったんだろうけど、韓国はもっと一気に変わっているような感じがします。


半年、子育てをしてみて子どもの成長の早さにびっくりしながら、手が離れるのもあっという間なんだと思うと今から寂しい。ひとつひとつの成長を1番に見れる特権があるのに、生後すぐオリニチブに入れてしまうなんて、考えられないなぁ…
いずれはオリニチブか幼稚園に行かすだろうけど、第二子ができるまでは、夫婦で見守りたいなぁ…

韓国の女性の方が割り切ってるんだろうか⁇
まぁ、あれこれ生き方が選択できる分、今の女性は恵まれてますね。





先週の成長。
コモがドレスを持ってきてくれたのでシデクで記念撮影。我々夫婦だけではこんなドレスを着せる機会はないだろう…いつもカジュアルな服しか着せてなくてごめんね(笑)
座るのも安定してきた!寝返りより座るのが先みたい…( ̄▽ ̄)
b0294060_23454302.jpg




果たして…

娘はどんな大人になって、
どんな生き方を選ぶのだろう…



[PR]



# by leebori | 2016-03-23 07:39 | 子ども、育児

モムサル。

また風邪をひいてしまいました…
(ーー;)
몸살というやつです。寒の戻りが来てまんまとダウン(ノ_<) 体中が痛くてぐったり。恐るべしモムサル。
丸1週間経ちますがまだ喉に違和感。
韓国に来て鼻と喉の風邪の治りが悪い。乾燥してるからかな…
b0294060_23334432.jpg


こんな時でも女は最低限の家事と育児はしないといけない。って母がよく言ってたなぁ〜


出産、育児を経験して痛切に感じること、

엄마가 보고싶다
お母さんに側にいて欲しいなぁ

ということ。

結婚して自分だけだったら、こんな風には思わなかったかも知れない。妊娠するまでは日本料理が恋しくなることもなかったし、韓国料理と焼酎さえあれば韓国人の友達と楽しく過ごせると思っていた(笑)。


妊娠、ツワリ、出産、育児
未知の世界に足を突っ込んでからというもの母の 『大丈夫、大丈夫〜』という言葉を聞きたくなります。
『大丈夫、子供なんてこんなもんやで。』
と言ってくれる人はオッパ以外に韓国ではいません。
オッパは『大丈夫』と言っていつも私を落ち着かせてくれるけど、男だし、男目線では理解不能なことを私がしでかすので…m(._.)m




ホルモン

プラス

育児法の違い、
世代の違い、
文化の違い、


産後半年が過ぎ、ちょっとは落ち着いてきたとは思うけど、ちょっとしたことに敏感に反応してしまう。


『すぐイライラしちゃうねん〜 』
と母に相談すると

『こんなん思うなんて…って考えないで、こんな感情もあるんや〜って正直に受け入れたら良いやん〜』

という回答が返ってきました。常に自分を客観視することができたら、こんな些細なことはサラッと流せるはず。

子育ては新発見の連続。自分の感情も新発見の連続ということか…


b0294060_23334453.jpg

約1ヶ月前、寝返り成功するも封印。(笑)まだ十分に寝返りできないお尻真っ青の娘、歯が生えてきた…

大丈夫、ちゃんと育ってる。
すくすく育ってくれて、ありがとう♡











[PR]



# by leebori | 2016-03-19 21:35 | 子ども、育児

2013年4月、韓国?全州に嫁入り、2年半シデク同居生活,2015年9月娘誕生、12月完州に引っ越しました。
by leebori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
韓国全州暮らし
国際結婚
韓国語学習
観光
スキンケア/脱ケミ
料理
妊娠・ 出産
子ども、育児
ハンドメイド
韓国ワンジュ暮らし
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

물짜장(ムルチャジャン)
from ポンポコ研究所
자장면と삼선간자장(チャ..
from ポンポコ研究所

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

娘の不調と成長。
at 2016-06-24 17:23
ひっそり帰省
at 2016-06-12 09:41
チャプチェごはん
at 2016-06-03 10:34
伝統茶が飲みたい!
at 2016-05-29 21:48
夏のはじまり。
at 2016-05-25 12:02

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧