陽気的なワンジュ

<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧




キムジャン イブ 2

夜10:00 作業終了(*_*)

12時間半、野菜各種と果物を剥いたり切ったり。
右手首損傷(笑)

オンマの帰宅後、ヤンニョム用の野菜と果物たちを業務用ミキサーでペースト状にしてもらいに行き、キムチを漬ける時に白菜の葉と葉の間に挟む野菜たち(ネギ、大根、ニンニク、栗生姜などなど)をまたひたすら切る。


キムジャンは前作業が殺人的。

以上、とりあえず記録までに。


完全にデビル化した私ですが、明日の楽しみはキムジャン終了後、地元に戻ってきたO先生夫婦とゴハンの約束をしたので、それを楽しみに頑張りますV(^_^)V あぁ、私の心のオアシスだ、あの夫婦は(≧∇≦)はーと

[PR]



by leebori | 2014-11-29 22:36 | 韓国全州暮らし

キムジャン イブ


左手に力が入らん(;´Д`A

朝から、りんご、梨、柿の皮むき&千切りをして、玉ねぎの千切りしてる途中で
b0294060_16510523.jpg

塩漬け白菜80束が来て、アジョシは玄関まで運んでくれたけど、水が漏れてきてたので流し場まで運ぶ…塩漬けだから水分があって、男1人でもヒィヒィ言うくらい重い。(;´Д`A


オンマは朝早くヤンニョム用の粉唐辛子とか、もち米とかの作業をして仕事に出かけ、オッパは昨日から泊まりの出張。

オンマは果物剥くだけしといて、オンマが帰って来たら一緒に切れば良いって言ってたけど、私は家にいるし、時間あるし、昼間作業した方が寒くないし、夜長引くより早く終わらせたいしで頑張ってしまった。


作業しながら、洗濯機回してたら下の階のアジュンマがピンポーンってやってきて、
『なんか、うちのベランダ上からめっちゃ水漏れてきてるんやけど‼︎』
って言いながらベランダにまっしぐら。
(ウチが悪いんやけど、人ん家やで…)
『えぇ!スミマセン。ほんまスミマセン』の謝り倒し。困った末にオッパに電話。オッパがなだめて、アジュンマ退散。


あぁあぁあぁ〜〜〜〜!(T_T)
なんか、分からんけど腹立つ‼︎

他のミョヌリはしら〜っとキムチだけ持っていくのに、なんで私だけこんな想いばかりしなあかんねん‼︎




仕上げにでっかい大根剥き。
b0294060_16502996.jpg
左手で持って剥いてたら、最後らへんで力がはいらなくなった…

こうして、女は手の関節、腰、膝を痛めて50過ぎたら整骨院通いになるんだなぁ…

こんなんしてたら、40になるまでに腰と手がやられちまうよ…


片付けしてたら、オッパ帰宅。

『昨日、飲み過ぎて吐いちゃったから、このダウン洗わなあかんねん〜』

(−_−;)ブチ


明日、穏便にキムジャンが終わりますよーに。




[PR]



by leebori | 2014-11-29 17:10 | 韓国全州暮らし

キムジャン イブイブ


明後日はキムジャンです。

というか、キムジャン最終日です。

先週からちょいちょいオンマが買い出ししてはネギやら大根やら剥いたり、ニンニク大量に剥いたりしてるので、ヤンニョム作りはもっと時間かかってます。

↓ヤンニョムに混ぜる出汁。
b0294060_21370922.jpg
今年で3回目の参戦。最初は好奇心満々で楽しんでいた私も、嫁となり、キムチ生活を味わい、オンマのキムチは好きだけど、『そんな必死にならなあかんの⁈ 』とやり場の無い怒りが見え隠れしてきています。私たちの時代は1/3くらいで済ませるつもりです。(^^;;


野菜を剥きながらオンマと色々な話をします。
『オッパの仕事はどうだ?』とか
『今日は通訳しに行ったのか?』とか、ほとんどオッパに関する質問。オッパがなかなか話してくれないから私に聞くんだそうですが、オッパも男の割には話してる方だと思うんだけど…オンマには足りないみたい。

b0294060_21041781.jpg
さっきも久しぶりにあれこれ話しました。

オンマ 『年末、また日本に行くやろ?』

私 『はい。』

オンマ 『boriのオンマがまた大変だね。子供らのゴハン心配しなあかんから。』

私 『…私が大体してますから。母も働いてるし。』

オンマ 『そう?じゃあ、なんでここでゴハン作らないの⁇ 』

私 『オンマが全部してはるから…』
(ハニカミ笑顔( ̄▽ ̄))

オンマ 『オンマがするから出来ない?そうやな‼︎ これからもオンマがご飯炊いてオカズも作るわ‼︎』

(え、なんか…すねちゃった⁇)(-。-;


実際、『オンマがご飯は全部する‼︎』と最初に言い切られたので、オッパのお弁当以外はお任せです。

実家でも母に甘えてますが、韓国のシデクより日本の実家での方があれこれしているかも。実家でも何にもできないヤツだと思われるのが嫌で、↑あんなことをつい言ってしまった。(−_−;)母の家事のやり方を見て真似て育っているのでやりやすい、義母とのやり方は違うから手出しできない、食材がありすぎて把握できない、それだけの理由です。シデクでは私は皿洗いと洗濯担当です。





私の心無い回答に刺激されたのか、

オンマ『日本に시집はある⁈』

(シヂプ?シデクのことじゃないの?)

私『シヂプって何ですか?』

オンマ『シヂプ、知らん?仕事いっぱいさせられること。オンマの時は、朝早く起きてすぐシオモニに仕事させられ愚痴られ、子供は泣いて昼間も休む暇もなく夜も遅くまで家事して…』

私『あぁ…日本にもありましたよ。昔は。今は同居しないからあんまりないです。韓国と同じです。』

(……)

私『オンマの世代が一番しんどいですね』

オンマ『そうや、シオモニからは、なじられ、ミョヌリたちにはキツく言えない…』

(なんか、スミマセン( ̄▽ ̄))


オンマ『でも、私はミョヌリを憎いと思えない。昔のシオモニは何であんなに厳しくしたのか分からない。』

(大変だったんですね…私達世代はオンマ世代に甘えてますね…私らも結構頑張ってはいるんですよ〜〜〜)←届かない心の声。


中途半端に回答すると、回答に困るとこまで話が進んでしまった…

こういう時、韓国のキツネミョヌリは上手く話を切り換えて明るくスルーするらしいけど、外国人のクマミョヌリにそんな技術はない。
(韓国でひょうひょうと振る舞いよく話す嫁はキツネ、黙って静かな嫁はクマらしい。)

韓国語、何にもわかりませーーん‼︎って時の方が可愛げがあったな、私。


で、後で시집(シヂプ)を調べたら、

⚪︎嫁ぎ先



[PR]



by leebori | 2014-11-28 21:47 | 韓国全州暮らし

群山へ日帰り旅。その2。


イソンダンを出て、トボトボ歩きながら街観光。

『8月のクリスマス』の撮影地。
群山で有名な観光スポット。行くたびに観光者向けになり過ぎているのが、ちょっと残念。
b0294060_17544845.jpg
映画を観た人なら分かる、“駐禁取り締まりの赤い車”も新たにオブジェとして置かれ、ハンソッキュとシムウナに似ても似つかぬパネルもありました。
b0294060_17581365.jpg
アジュンマの観光集団がいてて、皆んなイソンダンの黄色い袋を持っていて少し恥ずかしくなりました。全州駅や韓屋村で『みんなPNBの袋持ってる〜』と冷ややかな目をしていた自分が同じ状態に陥っている。(笑)


ほいで、ペチャクチャ喋りながら、群山港沿いを西から東に歩き、日帝時代に作られた線路があるところに。
b0294060_18031752.jpg
철길마을(チョルキルマウル 線路沿いの村)と呼ばれているそうです。
今は使用されていませんが、昔は貨物列車が民家の間を通り抜けていたそうです。群山でとれた穀物を貨物列車で全国に運び、群山港から船で日本に運んだそうです。
b0294060_22504338.jpg
映画やドラマの撮影にも使われています。

b0294060_22541992.jpg
時期的にキムジャンの白菜洗いしてはるお家がありました。
写真撮っちゃったけど…人様のプライベートゾーンなのだよな…でも、全州の韓屋村をはじめ全羅道はその庶民の生活臭をウリにしているのも事実。ということで、アップしてしまいましょう。アジュンマ、ごめんなさい。



全羅北道、日帰り旅。
バスでも車でものんびり楽しめます003.gif

次は、どこに行こうかな〜071.gif

[PR]



by leebori | 2014-11-26 23:09 | 観光

群山へ日帰り旅。


『群山に女子で行きたいねー』

日友とそんな会話をしたのは夏。

『今は暑いから涼しくなってから…』

だいぶ寒くなった今、急遽 群山行き決定〜(^o^)


それぞれ群山に行ったことはあった。
が、夫と行くのと女子同士で行くのとは違う。行きたい所へぷらぷら行こう。

全州市外バスターミナルから群山までは5600₩、1時間で到着。

まず向かった先は…
“韓国で初めてできたパン屋さん” でお馴染みの
이성당 イソンダン。
b0294060_22394208.jpg
土日は あっっという間にパンが無くなるという、全州のPNBより もしかしたら儲かっているんじゃなかろうか? という、パン屋さん。

日友評価はイマイチ、
韓国人夫はそこまでパンが好きじゃない、
でも全羅北道に住んでるんなら一回は行っておきたいお店。


韓国友人がこのイソンダンについて調べていた話を聞いたけど…
群山は日本植民地時代の名残があります。
イソンダンの前身は日本人が植民地時代に群山へ移民して来て“出雲屋(いずもや)”というパン屋さんを経営していたそうです。
そして、日本敗戦後、当時いずもやに居てた韓国人従業員がゆずりうけた…ということらしいです。
一つの製菓店にも日韓を繋ぐ物語があるんですね。005.gif
当時の群山は、華僑の移民も沢山居て 韓国人、中国人、日本人が戦時中であっても共存していたそうです。
今の概念では歴史を全て語ることはできないなぁ…009.gif



で、肝心のパンですが‼︎
人気は “野菜パン” と“あんパン” です。
この2種類は大量のお客を見込んで、予定時間に大量のパンが焼き上がり店頭に運ばれます。運ばれたとたん、無くなる…人によっては、2,30個買い占めてました(-。-;

野菜パンとあんパンが同時に焼き上がる12:30pmに居合わせた私達。その時間前から列ができて慌てて並んで焼き立てパンGET‼︎

店内は広く、奥に飲食スペースがあるので飲み物を頼んで焼き立てパンを頂けます。
b0294060_10284116.jpg
↑이성당とさりげなく書かれた紙袋。


↓余談ですが 全州のPNBは主張しまくり。(笑)
b0294060_21013727.jpg



野菜パン、日友たちからはあまり高い評価は聞かなかったので期待せずに食べましたが、キャベツがシャキシャキ、具が多く、パン生地が懐かしい素朴な感じで私は気に入りました001.gif
あんパンも甘さ控えめの餡で美味しかったんですが、一気に頬張ったため後々 胃にドスンときてしまい、結局 群山で食事をしたのは、このイソンダンだけになりました。(笑)

チャンポンやホットクはまた今度…^_^



つづく。






[PR]



by leebori | 2014-11-20 21:05 | 観光

今年 何回目?


土曜日、友人の結婚式に行って来ました。

またソウルに。

しかも、前に行った結婚式場。( ̄▽ ̄)

カンナムのオサレ式場。

2組ともオサレ花嫁さんだから、オサレな式場にしはったんだろな…


今回の主人公は、オッパが日本に留学し始めて同じ日本語学校で親しくなった韓国人女子です。韓国人仲間が一人、二人と韓国に帰る中、オッパとこのオンニともう一人の女の子が残っていました。だから、式場で他の日本語学校友達と再会できてオッパも嬉しそうでした。003.gif


オンニは背が高くスタイル抜群なのでウェディングドレスが似合っててキレイでした012.gif
b0294060_15223268.jpg


その夜は主人公を除いて、友人宅で再会も祝して宴会。
それまで恥ずかしいのか忘れてるのか、日本語を話さなかった人達が『ちゃうやん!』『せやろ?』『んなワケないやろ!』高度な関西弁を披露。(笑)

お酒の力をヒシヒシと感じましたわ。ㅋㅋ




にしても… 結婚式、トルジャンチ、毎年こんなに行くんだろうか…これでも親しい人だけ行ってるんだけどなぁ…(−_−;)
オッパの周りにまだ結婚してない後輩いっぱいいるし…

出費続くしちょっと心配( ̄▽ ̄)








[PR]



by leebori | 2014-11-17 16:05 | 韓国全州暮らし

수능날!!!!

오늘은 수능날이에요.

수능=修学能力試験、略して修能


大学受験の総合テスト、日本のセンター試験。

韓国の一大イベントと言っても良いんでしょうね〜


うちの甥っ子ちゃん、オッパのお兄さんの息子、も今年受験です。

オッパは、自分の若い頃にも似ている この甥っ子を可愛がり、いつも気にかけています。
甥っ子の方も『サムチョーン!』(おじさーん!結婚したからチャグンアッパ(サブ父)やけど、叔父さん歴が長いので今もサムチョンと言ってしまう模様。)と慕い、オッパが出かけると絶対付いて来るカワイイやつ。

受験生になると、オッパは甥っ子が全州に来るたび『勉強してるか?韓国は勉強しないと後々しんどいぞ!後悔するぞ!勉強できるのは今しかないぞ!』とヤイヤイ言って説教じみた父親と化していました。(笑)それを煙たがらず、相変わらずオッパを慕うカワイイやつ。

私達の結婚式で身内で泣いてたのはオッパ母、bori母、とこの甥っ子。

オッパと甥っ子、この二人の間にどんな絆があるんだろう…私には知らない何かがあるんでしょうね012.gif


日本語に興味深々で、自分が知ってる日本語を披露したり、初対面の時から私にも馴れ馴れしい(笑)カワイイやつ。



そんだけカワイイ甥っ子ちゃん。

頑張って悔いなく試験を受けて欲しい‼︎066.gif




韓国は昨日から一気に冷え込み、今朝は雪が一瞬チラついたそうです。

昼間の気温も低く、
(11/13 13:40現在、iPhoneの天気予報では全州市4℃、奈良市13℃。韓国と日本9℃も違うΣ(゚д゚lll))


윈전 겨울이다!!!!
完全に 冬だ‼︎‼︎

ってことで、ダウンジャンパー&UGGブーツ解禁。もぅ、既にモコモコ。今後どうすっかな…



それにしても、試験の日って 何で寒くなるんだろう…






☟ランキングに参加してます。
クリックお願いします( ̄▽ ̄)❤︎
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
にほんブログ村
[PR]



by leebori | 2014-11-13 13:46 | 韓国全州暮らし

秋が過ぎ…

奈良に里帰りして、全州に戻るともぅ秋が終わり冬の香りが漂う…

寒い‼︎

朝晩の冷え方が奈良と比べものにならん‼︎

口内炎再発、長引く頭痛(;´Д`A

まだ気候に馴染めず、体力の消耗が早いです。



全北大学の紅葉。一本で赤、黄、緑を楽しめる木。↓
b0294060_19371588.jpg

銀杏道↓
b0294060_19371611.jpg



紅葉も見納め⁈
日曜日にワンジュへドライブしに行きました003.gif
b0294060_19371761.jpg



交通安全祈願に寺巡り。

↓위봉사 ウィボン寺

本堂の前に、みざる いわざる きかざる
のお猿さんと 像さんが何故かいた…
b0294060_19371837.jpg


側に위봉푹포という滝があり、そこから見る紅葉した山と滝の景色が素晴らしいです。



↓송광사 ソングァン寺

交通安全の小さい珠数(木製、12支で選ぶ)を購入したら、事務所のおばちゃんが『お食べなさい』とトックをくれた。(笑)


鐘を鳴らす所。
中国風らしい。東西南北の四方に向いてる屋根の形が面白い。
b0294060_19371996.jpg


本堂には大きな金の大仏さんが3名。
それぞれに3回ずつ御辞儀。



海なし県の田舎育ちには、やっぱり山の景色が落ち着きます012.gif









☟ランキングに参加してます。
クリックお願いします( ̄▽ ̄)❤︎
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
にほんブログ村
[PR]



by leebori | 2014-11-11 19:36 | 韓国全州暮らし

オ ソンファ 2

前回の続きです。


オ ソンファ


もともと北米研究していて、日本でワンクッション置いてカナダに留学しようとしていた人が、留学して結果を残さずして韓国には戻れない!という想いもあり、日本を探究してしまった……ら、日本にも韓国にもめっちゃ爪痕残してしまいましたね…っていう方です。(笑)




1990年
日本にいる一人の韓国人留学生だったオソンファが書いた本、『スカートの風』

日本ではヒット。

韓国では批判の嵐。

だったそうです。

『母国を批判するなんて‼︎』
ということなんだそうですが…


私が読む限りでは、これは比較文化です。普通に。

逆の立場で、私が韓国に来て理解できない感覚が裏付けされたり、私が韓国の文化に親しみを持つ理由が、彼女の文章を読んで分かったりもしました。日本には無いものを韓国が持っているものもあると私は感じながら読んで面白かったんだけど…


指摘を批判ととるなら、批判も沢山書かれてるでしょうが、う~~ん(。-_-。)


生まれてから27年間を過ごした国を憎んで書いたのではなく、愛おしく歯がゆく感じたから書いているように私は思うんだけど…

まぁ捉え方は人それぞれだし、私が日本人だからそう感じるんだろうし、韓国人側からしたら『こんな韓国人ばっかりちゃうし!』とも思うかも知れないし。まぁ、えぇか。ㅎㅎ



私が『おぉ〜』と感じたのはオソンファ氏の徹底的な探究心。

『1日の半分は日本人のように、1日の半分は韓国人のように振る舞うことを徹底しているうちに、いまでは、日本人でも韓国人でもない中途半端な人間になってしまったような気分に陥っている。』


『私が日本語を知識や便宜のために利用しようとする意識を捨て、日常的な生き方として身につけようとしていったために、こんなところまでやって来てしまったのだと思える。』


すごいなー( ̄▽ ̄)
こんなところまで…ってどんな景色なんだろ〜と人の憂いをロマンに感じるお気楽な私。バイリンガル以上の境地ですよね、これは。



で、どのような経緯かは分かりませんが、1998年、オ ソンファ氏は日本国籍を取得。

で、2007年と2013年に韓国入国拒否を喰らってはります。
(Wikipediaに概要が載ってます。)


2007年って…2013年って…
こないだやん。


っていうか、もったいない。

こんなに視野の広い頭の良い女性を手放してしまうなんて。貴重な知的財産を…


韓国に住んで、韓国に情が湧いてるから“もったいない”って思っちゃう。








単なる本の紹介がヒートアップしてしまいまして、暑苦しくて申し訳ございません。
なんだか、異国で生活をする自分とリンクさせてしまいました。m(_ _)m



20年前の本なので、時代も今とは違いますが面白い本だと思います。

オソンファ氏はその後も分筆を続けているので、彼女の本を一通り読んでみようと思います。





☟ランキングに参加してます。
クリックお願いします( ̄▽ ̄)❤︎
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
にほんブログ村
[PR]



by leebori | 2014-11-11 09:49

オ ソンファ

これ、韓国在住日本人や日本でも韓国の方と人付き合いがある人にオススメの本です。
有名なんで読んでらっしゃる方も多いと思いますが。

(長々と語ってしまい面倒くさい記事になっちゃったので、嫌な人は今からスルーしてください。)


呉 善花 オソンファ
『スカートの風』
(1990年初版)
b0294060_1265251.jpg
b0294060_1265327.jpg



1983年、27歳の時に留学生として来日した オ ソンファ氏。

来日してから数年間、日本人の曖昧な表現や目標もなく日々坦々と働く姿(すごい言われようやなwww)が理解できず、『何の楽しみもなく、何故に笑う⁈』カルチャーショックを受けたそうです。(韓国人にら労働が喜びだというのが理解不能だったらしい。)

彼女は 『権力者と結婚する為』に二十歳過ぎに軍隊に入隊し、軍人の彼氏を作ったほどの上昇志向のある女性でした。当時、韓国女性の理想の結婚相手は軍人=権力=経済力。明確に目標を持ち実行に移す、そんな彼女だからこそ余計に日本人の生き方を見て戸惑いを隠せなかったようです。

また、仲良くなった日本人の友人達が度々見せる距離感やよそよそしさに差別されていると感じ、精神的に辛かったそうです。
逆に日本人が韓国に住んで、戸惑うのがこの“距離感”ですよね〜)



だけど、貪欲に日本理解に励んだ結果、韓国とは違う社会が日本にはあり、へらへら笑いながら曖昧に生きているような人達(ふぁいてぃん、日本の働く戦士たちwww)なのに、エリートや金銭への欲望が希薄な日本社会なのに、貧困層が無いという事実とその労働に対する思想に驚き気付く。(欲望まみれの日本人もいるし、貧困層もあるだろうけど、韓国と比べてということで…)



そして、韓国と日本は近い国であり、言語も似ているために『文化も考えも似てるだろう』なんて考えたら大間違いやで‼︎‼︎‼︎ ということを自身の体験を織り交ぜながら、でも客観的に理論的に分析してくれています。

※実際、この本が発売された1990年には、韓国の会社と取引しているビジネスマンが読み『なるほど‼︎そういうことだったのか!』とこの本に教えられたのだとか…


私も韓国に来て、似ている部分も沢山あるけど考え方や感じ方が根本的に違うんだな〜と思うことがあります。それは風土も歴史も違うんだから違っていて当たり前なんですが、何かと近い国だから油断してしまうわけです。



そして韓国の女性の概念、価値観を女性からの視点で分析しています。日本にも男尊女卑はあり、昔の結婚は今のように恋愛結婚は少なかった…のは同じでしょうが、それだけでは説明できない韓国人女性の立場と悲哀があります。それはまた、韓国社会や経済観念とも絡まり生まれるものなんでしょう。


オソンファ氏のように、31年前に韓国人女性が大学を出て外国に留学をする、ということは今より簡単なことではなく、日本に来る韓国人女性は水商売の方が多かったため、彼女も韓国で『日本に留学しています』と言うと『それはかなり稼いでるんでしょうね』と水商売の仕事で稼ぎに行っていると思われたそうです。(留学生でも普通のアルバイトでは生活費が苦しく、ホステス業に転身するケースも多かったようです。)

そして、25歳を過ぎても韓国で結婚もせず、日本に行って稼がずに勉強しているというのは親不幸者だと。



オソンファ氏は新宿歌舞伎町に身を置き、そこでホステスとして働く女性達と出会い沢山の話を聞いたそうです。その韓国人ホステスを日本のお店に斡旋する仲介業者の韓国人のおっちゃんにも接触、日本人のビジネスマンに韓国語を教えたり、日韓の商談通訳をしたり…そこから見えてくる韓国を説明し、韓国の根深い問題を指摘しています。

余談ですが、“新宿歌舞伎町”という町は一体どんな懐を持ってるんでしょうか…そんな魅力的なんだろうか…オソンファ、リービ英雄、マツコデラックス……未知の領域。


日本を見つめ、また韓国を見つめた結果、オ ソンファ氏は日本に帰化しました。




熱く紹介してしまいました…


つづく…






☟ランキングに参加してます。
クリックお願いします( ̄▽ ̄)❤︎
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
にほんブログ村
[PR]



by leebori | 2014-11-09 12:06

2013年4月、韓国?全州に嫁入り、2年半シデク同居生活,2015年9月娘誕生、12月完州に引っ越しました。
by leebori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
韓国全州暮らし
国際結婚
韓国語学習
観光
スキンケア/脱ケミ
料理
妊娠・ 出産
子ども、育児
ハンドメイド
韓国ワンジュ暮らし
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

물짜장(ムルチャジャン)
from ポンポコ研究所
자장면と삼선간자장(チャ..
from ポンポコ研究所

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

娘の不調と成長。
at 2016-06-24 17:23
ひっそり帰省
at 2016-06-12 09:41
チャプチェごはん
at 2016-06-03 10:34
伝統茶が飲みたい!
at 2016-05-29 21:48
夏のはじまり。
at 2016-05-25 12:02

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧